読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

2015年国勢調査で、生涯未婚率が改善されてきているというデータについて

子育て

lite.blogos.com
2015年国勢調査にて、
生涯未婚率の改善が見られたという記事です。
ただ、改善が見られたのが40歳以上の男女で、
改善の理由としては、東日本大震災の災害が濃厚で一過性のもの…


生涯未婚率が改善されるのはいいことですが、
それから期待される少子化の改善には繋がりそうにありません。
むしろ、未婚率減少を悪い意味で使われそうで怖いです。


データをみると、
妊娠適齢期の25〜29歳は、
男 2010〜2015年 71.8%→72.5%
女 2010〜2015年 60.3%→62.0%
と、未婚率は増えています。
高齢出産となってしまいますが、
30代男女は微減程度。


未婚率の改善は、
少子化政策、経済政策によって、
20代男女の未婚率改善を期待したいです。
ここが改善されれば、未婚だから少子化となるという流れの改善が期待できます。


sandonigifu.hatenadiary.jp
このブログや私の現在の経験からもですが、
出産はゴールではなく、ようやくのスタートライン。
子育ては、本当に体力勝負です。
子供のエネルギーには、日々脅かされますよ。


若ければ、これらはうれしい疲れですが、
高齢になってからだと、
やはり育児疲れ、産後うつ、最悪なのは虐待にもつながりかねなくなり、
25〜29歳で結婚、初産は30歳までに!が1番幸せになりそうです。


この流れが、若い世代にも波及するよう切に願います。。。