読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

いちスパロボファンとして最近のスパロボに言いたいこと

blog.hokanko-alt.com
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズは、
初週PS4が約7万本、PS3が約4万本という結果でした。
このタイトルは、ほぼ初週が全てなので、
本当に売上が落ちてしまったな〜という印象です。


私は、今回は買いませんでした。
買わなかったというより買えなかったんですが、
今のスパロボに無理をしてまで買おうとする期待を持てなかった事を考えると、
私の中でもそろそろ終わりのシリーズなのかな?
と改めて感じてしまいます。
あんなに好きなシリーズだったんですけどね…


今のスパロボを受け入れられない点は、次の2つです。


1つ目は、戦闘アニメのダサさですね。
戦闘アニメが嫌なら、オフするか、早送りすればいいのでは?と思われるかもですが、
アニメを見たいよりも、戦闘中のボイスを聞きたいんですよね〜。
だから、アニメオフはできないし、早送りするとボイス飛んじゃうしで…


戦闘アニメが入りだした頃は、
アニメのテンポも良くて、ほぼほぼアニメオフ、スキップなしでも楽しく遊べてました。
ただ、最近のはテンポが悪すぎて…。
戦闘アニメを作ってる方のセンスを疑います。
なんでも、お構いなしに詰め込めば、詰め込んだ分だけクオリティが上がると勘違いしている、
ゲーム業界に多いデザイナーのタイプですね。


テンポの悪さを代表するカットが、
思い当たるだけでも以下の通り。
攻撃前の無駄なブーストダッシュ演出(近距離攻撃はいいですが、遠距離攻撃でも…)。
遠距離攻撃時、ライフル打ちながら敵の真ん前まで突っ込んで行ったりする演出。
ロックオン演出で、ロックオンカーソルとパイロットの顔が交互に何回も切り替わる演出。
斬撃の時の、切断までのための長さ演出。
などなど。


本当の最強武器の演出が長めなのはまだいいとしても、
気力がまだ上がってない初戦の武器ですら、
こんなセンスのないアニメをだらだらやってますからね。
このセンスのなさは、ウインキーソフト最後の時代のセンスのなさと同等だと感じています。
今回のムーン・デュエラーズのPVでも、アニメのテンポの改善は見込めなかったので、
購入の優先度は下がりました。


2つめはシナリオですね。
私は、訳の分からない化物が、ただ地球圏を狙ってきただけのお話は好きじゃないです。
敵勢力にそういったジャンルの敵がいることは構わないですが、
最近のお話はそういうのばっかりな印象です。
敵はやっぱり対話ができる人の方がいいです。
なので、OGシリーズでいうと、第一次、第二次あたりのお話は本当に大好きです。


戦闘アニメのところでも言いましたが、
敵味方、味方通しの掛け合いが好きなので!!


スパロボは、このまま消えていって欲しくないシリーズなので、
是非、センスある戦闘アニメやシナリオで復活していって欲しいです!!