読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

法律施工後のメンテナンス、論理的な不具合を検証し続ける機関が早急に必要だと感じます

政治

ここ最近のニュースを見ていると、
法律のザルっぷりや、適切な期間毎にメンテナンスがされていないが故の時代遅れ感、
また、抜け穴があるといったことが
とても多いように感じます。


例えば、また挙げるのも嫌ですが、舛添の件。
headlines.yahoo.co.jp
自称第三者の弁護士様によれば、
舛添の政治資金の公私混同疑惑は、不適切だが違法性はない、との報告でした。
こちらは、政治資金規制法がザル過ぎて、むしろ何に使えば違法なの??と
疑問を感じる程でした。
ニュースで取り上げられるとき、
政治資金規制法はもともとザル法として名高いと紹介がつくことがありますね。。。
これは、表向きこの法律を盾に、政治資金をなんにでも使えるようにしておいたのでしょう。


あとは、これ。グラブってる?の件。
グランブルーファンタジーのガチャ確率詐称疑惑です。
this.kiji.is
結局、景品表示法に違反はないそうで。。。
ということで、スマホゲーム運営会社のみなさん!
超低確率でも、確率表示しておけば、ユーザーさんから搾取し放題で、
これは違法ではありませんでしたよ~!!!
よかったですね~!!!
しかも、超低確率はユーザーから検証のしようもないので、
偽ってもほぼバレないというおまけつきですよ~!!!


そして、本当に胸が痛くなる
若い女性シンガーソングライターさんがストーカーによって被害にあった刺傷事件。
breaking-news.jp
ストーカー規制法が、SNSなどからのストーキング行為に対して全くの無力で、
事件が発生するまでに至ってしまったとのこと。
事件当日の警察の不手際もかなり目立ちますが、
そもそもそこに至るまでに逮捕できていれば、こんな悲惨な結果にはならなかったはず。
news.yahoo.co.jp
意識は回復されたそうですが、傷の身体的、精神的後遺症を考えると。。。
頑張って元の生活に戻れるようになってくれることを祈るばかりです。


この事件での後味の悪いことには、
犯人は精神鑑定に回されるとのこと。
これで責任を問えないとなると、この犯人はまた世にでて、新たな犯罪を起こす可能性がでてきます。
刑法39条。映画やドラマでよく問題視される条文ですね。


最後に、ブラック企業関連。
news.yahoo.co.jp
この施策により、ブラック企業がへることを本当に応援していたのですが、
企業名公表に値する会社は1件のみ。
他は、労働基準法に照らし合わせても問題なしとの見解でした。
って、そんなわけあるかーーー!!!
日本にホワイト企業しかないなら、こんなに世間の話題にならないよ~!!!
厚労省の対応の酷さにも失望しました。。。
manon-chocolate-bitter-sweet.hatenablog.com
こんな記事、書くんじゃなかったです。。。


このように、本当に機能していない法律が多いです。
法律施工後に、メンテナンス、論理的な不具合(法の抜け穴、ザルっぷりがどうか?)を検証する機関が必要で、
問題があればすぐに内閣府に報告、法律の改正を行うシステムを作るべきです。
こういう機関ってすでに存在しているのでしょうか??だとしたら、全く機能していないので、
既存の機関の見直しを図るべきです。


ぱっと挙がるだけで4つの事例がありますので、
大きなニュースの裏で、どれだけ法律の不備が、問題行動を見過ごしているのか。。。
考えただけでぞっとしますね。。。


キミとボクのミライ ~GRANBLUE FANTASY~

キミとボクのミライ ~GRANBLUE FANTASY~