読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

小さな環境悪化の積み重ねが大きなマイナスとなって現れる時

headlines.yahoo.co.jp
猪瀬さんが辞任してから、後を引き継いだ舛添知事ですが、
お金の問題でもともと低かった信頼性もゼロとなりました。
猪瀬さんに比べて、
オリンピックに関する仕事ぶりも疑問符がつくことばかりでしたしね。
いよいよ、犯罪が明るみに出る形になってきました。


blog.esuteru.com
なぜ、舛添知事が当選したのか?ということもありますが、
当時の候補者の酷さから消去法で1番ましそう、という理由での当選でした。


結局のところ、有能だった前猪瀬知事の5000万程度の疑惑で引きずり下ろした結果、
無能で公的資金をじゃぶじゃぶ私的理由で使う人間が知事になってしまいました。
リーダーなんて誰がなっても同じ。。。なんてことはなく、
ここまで違います。
上に立つ人間を決めることは本当に大切で重大なことです。


ここから学べることは、
有能な人間を疑惑1つで騒ぎ立てて降ろすことは、
将来にとって大きなマイナスになる可能性が極めて高いこと。
選挙率を上げ、有権者がきちんと支持できる人間を常に選んでないと、
ろくでもない候補者しか集まらない、ということでしょうか?


疑惑が後から後から湧いてくる舛添知事は違いますが、
1つの疑惑をねちねち攻められている場合、
その疑惑は誰かのワナかも?と疑った方がいいです。
甘利前経済再生担当大臣についても、この疑惑は当てはまりますよね。


このワナは現在でも、高確率でターゲットを殺せます。
なぜ、このワナが効果的なのか?
それは、日本の有権者のレベルが低いことの表れでもある気がします。
そのため、国会でも無能な野党がしきりにつまらない疑惑の追求に時間を割いてくるという
国政の仕事の妨害しやすい環境にもなってしまっているのではないでしょうか?


もう日本は罠にハマっている余裕はなくなっています。
いつまで立っても解決しない諸処の問題、復活しない経済など、
かつての栄光で賄うには時間が経ち過ぎました。


一人でも多くの方が、この事件もきっかけにして目覚めて欲しいと願うばかりです。