読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

やっぱり少子化は気になる…

wondernews.yahoo.co.jp
子供を作る際、2人目の壁というものがあります。
主に経済的な理由から、2人目を躊躇してしまうとのことです。


まさに私も経済的な理由で、
2人は子供がほしいけどお金がね…と思ってしまっています。
記事では、実際2人を産んだ夫婦は幸福度が高いというデータを紹介しているだけで、
2人目を産んだ夫婦の経済状況についてまでは追えていません。
やはりこの記事だけでは、
いくら幸福度が増すっていったって…
という感じがしますね。


これに対して、マツコデラックスさんの発言に対して、
とある教授が試算を行った記事があります。
zasshi.news.yahoo.co.jp


2人目を欲しい夫婦が多いのに、
躊躇している現実があるとなると、
国がやはり教育費無料化をなんとしても推し進め、
少子化を解決する必要があるかと思います。
やっぱりお金が不安となるのは教育費が主な理由ですからね。


しかし、政府も何故、少子化対策をこんなにしないのでしょうか??
子供ができれば、妊娠、出産の辺りでいろいろとお金を使いますし、
子供が大きくなれば、おもちゃやレジャー、教育にお金が流れますし、
大人になれば生産と消費を担ってくれるのに…


景気の回復には国内の消費を盛り上げる必要がありますが、
少子化対策こそ、まさに、短期・中期・長期と
あらゆるタイミングで消費を行うきっかけになるので、
内需が活性化すると思うのですが。


国民の関心は、経済から待機児童や子供のことに向かっています。
だからといって経済を蔑ろにされては困りますが、
大きな視点で見れば、少子化対策に力を入れることが、
結果的には経済を盛り上げるキーになるのではないでしょうか??