読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

望んでいない復活

netallica.yahoo.co.jp
矢口真里の悪い印象は今も払拭されてなく、
こんな世相ではベッキー復帰は夢のまた夢ってことですが。


そもそもテレビ業界って、
なぜ、悪事で消えた人を復活させたがるんでしょうね??
そういう話題性だけ欲しいなら、クレーム上等でCMなりなんなり流し続ければいいのに、
その覚悟もなく、中途半端ですね。
消費者としては、
そんな悪印象の人物と一緒に映っている商品の印象は
合わせて悪くなるだけですけど。


矢口真里ベッキーに関しては、
この2人のファンなんてほんとにいなくて、
復帰の声がない中で、
消えてほしいという声が目立ってるだけだと思います。
不倫前から不快に思っている声はよく耳にしましたし。


あと、私が気になったのは、
テレビ業界の犯罪への甘さがありますね。
不倫が犯罪っていうのは言いすぎですが、
不倫した2人は、された方に民事で訴えられたら負けますからね。
この甘さがはびこる現象は、
ブロークンウィンドウ現象に近いものがあるのではないでしょうか?


ブロークンウィンドウ現象とは、
窓が壊された車を街角に放置しておくと、
その地域の治安が一気に悪くなる現象です。
学校などでも、窓ガラスが割れっぱなしにしておくと、
その学校は一気に荒れてしまうそうです。
人は周りがやっていると確たる証拠があると、
自制が緩くなり暴れてしまうもののようです。


なので、不倫が当たり前の世界では、
不倫って悪いことなの?くらいの認識レベルまで
自制が落ちているように感じます。
盛んに視聴者に寛容さが足りないって記事が書かれてますが、
まずは自分たちの認識がどこまでおかしいのか
認識するのが先ですよ?


ちなみに、私はフィクションであれば、
どんなストーリー、表現もできる限り許したいと思っています。
本当に法を侵した人達の対処について、
何とかしてほしいと思いますね。


裏窓 (Rear Window)[Blu-ray]

裏窓 (Rear Window)[Blu-ray]