読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

ジェネリック医薬品を信じれますか??

雑記

私事ですが、
ここ最近の日中の温度変化の激しさからか風邪をひいてしまいました…
鼻水と頭痛と寒気、喉の腫れがあり、
土日は薬を飲んで、
イソジンでうがいして、
大人しく寝ていたら、頭痛や喉の腫れは治まってきた感じです。
まだまだ油断ならないので、しばらくは大人しくしていきたいです。


ここで、私がうがいに使ったイソジンですが、
昔、ジェネリック医薬品を信用しないひとつの出来事に関わっています。


私はジェネリック医薬品を信用していないので、
薬局で薬を処方される時、
ジェネリック医薬品を薦められても拒否しています。


1つ目の理由は、やっぱり効果が薄い気がするところです。
まだ、ジェネリック医薬品という言葉が世の中に浸透する前、
ドラッグストアでイソジンを買おうとしたことがありました。
このとき、レジで主成分は同じで価格の安いうがい薬がありますが、
こちらはいかがですか?と店員に薦められたことがあります。
当時は、経験もなかったので、
じゃあ安い方で!といって安い方のうがい薬を使いましたが、
安い方のうがい薬は、喉の痛みや予防に対して全然効果がありませんでした。
その後も、イソジンに切り替えましたが、
やっぱり効き目が違くて、イソジンが効いていました。
ジェネリック医薬品という言葉が、
のちに出てきた時に、
あれがジェネリック医薬品だったのかも?と改めて感じたものです。


また、定期通院している皮膚科のお薬でも、
一時期ジェネリック医薬品を薦められて、
使っていたことがありましたが、オリジナルと比べて効果がなく、
すぐにオリジナルの方に戻してもらいました。


2つ目の理由は、
主成分同じです、という薦められ方です。
この言い方、どこか引っかかる感じがするのは私だけでしょうか??
直ちに影響はない、と同じような胡散臭さが…
私達患者側にとっては、
成分がどうであろうが、効果が同じことが大事です。
それなのに、効果が同じです、ではなく、主成分が同じです、というのは、
成分が全く同じではないので、効果は違うのは当然ですよ?と
言い返すための言葉選びの結果としか思えません。


こんな理由から私は今日もジェネリック医薬品を拒否しているのでした。


【第3類医薬品】イソジンうがい薬P 120mL

【第3類医薬品】イソジンうがい薬P 120mL