Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

待機児童を回避したその先には

私には娘がいて、
今月から保育園の0歳児クラスに通っています。
11月頃に市役所で申請を行い、
第1希望は叶いませんでしたが、
なんとか第2希望へは通ることができました。
待機児童が問題となっている今、とても恵まれたことだと思います。


今回は、
保育園に通えることになった先のことを書いていきたいと思います。


保育園に通えることにはなりましたが、
なにより驚いたのは保育料でした。
私の家庭では月額44000円でした。
世帯収入によって金額が決まるとはいえ、この額はかなりきつい額です。
これでは、今後の預金に回せる額もかなり少額となってしまいます。
さらに、育休期間でもあり、
半年は超えているので67%から50%くらいまで支給額が減っています。
育休が終わり仕事に復帰し、給料が入るまではさらに厳しい家計となります。


また、保育園に入ってから入園までの準備も大変でした。
まず、手作り指定で、いろいろな大きさの袋の用意、タオルで作ったエプロンの用意があります。
あとは、保育園にストックしておく服も3着分、パジャマ1組の用意が必要です。
その他、オムツ1パック、おしり拭き1ボックスなど必要で、
準備費もかなりかかりました。
私の場合、送り迎え用の自転車と娘を乗せるためのオプション品も必要となり、出費が嵩みました。


こんな感じで、出産から大きな出費が続いてましたが、
保育園に入れてもさらなる出費が続きます。
子供1人育て上げるのに2000万という試算も、
なかなか現実味を帯びてきて、
家計の管理を厳密にしないとと思う次第です。


ここで思ったのが、
子供1人育てる費用が2000万かかるという金額の重さです。
この負担が大幅に軽くなれば、
子供が小さい頃は、
一旦退職して育児に専念する、といった選択肢も可能ではないでしょうか?
あと問題は、日本社会の新卒信仰もありますかね??
このあたりの問題も、
長時間労働の改善とともに解決に進んでいけば、
待機児童、さらに少子化問題も改善に向かうのではないでしょうか??


政府には、待機児童=保育園&保育士が足りない、だけではない、
解決のアプローチを期待したいです!


manon-chocolate-bitter-sweet.hatenablog.com


ビッグマネー~浮世の沙汰は株しだい~ DVD-BOX

ビッグマネー~浮世の沙汰は株しだい~ DVD-BOX