Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

謝罪で許される人、許されない人

乙武さんも不倫してたんですね!
やっぱり、モテる持てないは、明るい人柄とどれだけ資産があるかで決まりますね〜。
早速、謝罪されてましたが、この謝罪は世間で許される謝罪になるのでしょうか?
私は、事実を素直に認めてますし、あかの他人としてはもうどうでもいいのかな?って感じです。特にファンでもアンチでもないですし、テレビでのコメントも特に不快に感じないですし。
ただ、噂では素性の悪さも時々見え隠れしてますし、しばらく叩かれてそう…

ところで、ここ最近、謝罪してる人多くないですか?
そんな中で許された謝罪と許されない謝罪が出てきてますよね〜。

許された感があるのが、ショーンKさんでしょうか。
事実を素直に認めて、自分の非を正当化しようとせず、また、これまでの実績も認められてるからなんだと思います。
信頼を勝ち取れるやり方ですね。

最悪なのはベッキーですね。
明らかな状況証拠やLINEのやりとりがあるのに、事実を認めなかった謝罪。
しかも、タレントとしての実績も、なんでこいついるの?くらいの功績。
だからなのでしょうが、復帰してほしい声って聞いたことないですね。

あと、印象的なのが、育休を偽っての不倫の宮崎議員。
こちらは、やったことが最悪過ぎて、どんな謝罪をしても無理な感じでしたね。

結局のところ、発覚してしまったスキャンダルはゼロにできないので、
なかったことにしようとすると、ダメージが何倍にもなりますよ!ってことですね。
また、スキャンダルが酷すぎると、どんな謝罪をしても相当のダメージになっちゃいますね。

全米消費者調査で見えた!  信頼を勝ち取る言葉

全米消費者調査で見えた! 信頼を勝ち取る言葉

  • 作者: マイケル・マスランスキー,インベスコ・コミュニケーション・アカデミー,スコット・ウェスト,ゲイリー・デモス,デイビッド・セイラー
  • 出版社/メーカー: 日経BPコンサルティング
  • 発売日: 2014/10/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

そういえば、以前、読んだ本で世間に信頼される言葉は何か?について書かれた「信頼を勝ち取る言葉」って本がありました。
この中に信頼を得る謝罪についても記載があり、悪い例としトヨタ、いい例として別の航空機の会社(だったと思います)がありました。
また、広告に関する項目で、昔と今とでは消費者の心理が全然違うことをまとめてある、とても面白い本がありますので、おすすめですよ!


謝罪の王様 [Blu-ray]

謝罪の王様 [Blu-ray]