Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

長時間労働をしたがる人たち

長時間労働、私は嫌なので効率化やスケジュール管理を厳密にして、
可能な限り減らす努力をしています。
ですが、会社には長時間労働をしたがる人たちが思った以上にいます。

こちらに影響がないならいいのですが、
結局、努力して時間内に仕事が終わるようにしているのに、他の人たちの仕事が流れてきたり、
みんながんばっているのに空気を乱す人がいるなどと、こちらの足を引っ張ってきたりもします。

なので、私としてもなんとか全体を効率化する必要があります。

今まで見た、長時間労働したがる人たちは、こんな感じなのかな?とまとめてみました。

長時間労働のため、すでに判断力が低下している状態にある

「疲労を科学する」
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kotohaji/HF/HF2nd/chapter_2nd_18.html
長時間労働が続くと判断力が低下するというデータがあります。
そのため、今の状態が正しいのか悪いのか判断できない状態になっている可能性があります。

対策
休息を促し、疲労状態から回復させる。その後、長時間労働の悪影響を説明する

周りの空気を読んでいる

自分の意思がなく、周りの空気を読んでいる人たちです。
この場合、空気を妄信しているので、空気を換える必要があります。

対策
空気を換えるしかないので、退社時間を早くする人を増やす

効率的な仕事の方法が分からなくて時間がただかかっている

こういった人たちは、こちらの味方になるチャンスです!

対策
効率化のテクニックを伝授して、短時間労働の味方にする。

長時間労働を言い訳にするため

こういった人たちはやっかいで、結果が悪かった時のための言い訳のために、
自分は頑張ってた風にみせるため、時間をかけて頑張ったけど駄目だった、と口にします。

対策
時間をかけて、長時間労働こそが結果の質を下げている原因だということを理解してもらう

会社にいることが好き

なんでなのか分からないですが、家に帰りたがらず、会社にいることが好きな人たちがいます。
これはもう、どうしていいのかわかりません。

対策
気にしない。気にしているとこちらが疲労するだけなので。。。
強いて挙げるなら、会社に強制退社時間という規則を設けるほかないと思います。


本屋さんでビジネス書欄を探してみても、
やる気のある人でやり方が分からない人向けの本しかなく、
そもそもやる気がない人を変えていく本はあんまり見ないですよね~。
上記のまとめ以外の長時間労働者のタイプ、対策などありましたら、
ご教授頂けると嬉しいです!

結果を出して定時に帰る時間術

結果を出して定時に帰る時間術

「空気」で人を動かす

「空気」で人を動かす