読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの楽園を目指して

-楽園を目指す過程での試行錯誤を記していきます-

なんとなくで投信信託を始めて半年程経過したのでまとめてみた

私は、昨年の9月ごろから投資信託を始めました。

その後、半年ほど経過したので、体験して分かったことをまとめてみました。

始めたきっかけ

昨年に娘が生まれ、学資保険を申し込んだことがきっかけでした。

その保険の営業の方に、学資保険よりも変額保険の方がおすすめですよ~とものすごく営業をかけられました。

変額保険を調べると、投資信託と私との間に保険会社が入るといった感じで、

ここでも複利効果で7%の利率がついたらこれだけ増えます!ってことだったんですが、

間にさらに人が入るので、わざわざ変額保険に入るよりは、自分で投資信託したほうがいいのかな?という考えに至りました。

結局、学資保険はそのまま申し込みました。リターンは必要だけど、投資というリスクを冒してまでリターンは必要ないという判断でした。

また、インフレリスクを口うるさく言われましたが、学資保険にはいらないと判断しました。

 

買った投資商品の種類

  • 日本成長株(購入手数料がかかる代わりに、投資効果が大きいと予想される株を士証券会社が選択してくれる)
  • 日経255ノーロードオープン(購入手数料なしで、日経の株式のほとんどに幅広く投資。運営なし)
  • Jリート毎月決算型(日本の不動産関連)

 

 やっぱり複利効果で資産が増えていくものではない

投資信託のパンフレットには、複利効果で資産がどんどん増えていくイメージのグラフがありますが、

投資信託の商品はそういったものではありません。

1口いくらとなっている商品を買い、1口の値段が上下することで利益や損失が発生します。

なので、その商品が投資している先の状況がほぼそのまま反映されるので、

自分たちで運用が必要となります。

利益が出ているときに換金し、1口が安くなった時に購入するといった手を入れたほうが良さそうです。

 

私の場合、

昨年末の日本株は上昇トレンドだったため昨年末+5%くらいの利益がありましたが、

今年に入ってから、原油安、中国の経済状況、国内の消費不振等で下降トレンドになったため、最低ー10%以上マイナスになっていました。

ここ最近、日本株がまた上昇してきているのと、

マイナス金利導入でJリートが上昇しているため、損は減っていますが、まだマイナスです。

昨年末に、日経255ノーロードオープンは換金しておけばよかったかな?と思いました。

 

証券会社のオペレーションが入っても、投資先がマイナスならマイナスになる

日本成長株では、証券会社のオペレーションが入っているとのことですが、

マイナス方向は微減、プラス方向は微増だったので、

日本株がマイナスだと損が拡大していきました。

ただ、日経255ノーロードオープンより損の拡大はないので、

リスクは少ないかもしれません。

ただ、上の商品の購入手数料が2.16%なので、自分の運営も加えるとなると厳しいように感じました。

 

毎月決算型は本当に悪い?

調べると毎月決算型は、複利効果が薄くなるのでお勧めできないという記事をよく見ますが、

そもそも複利効果が効いているのか怪しいので、デメリットはまだそこまで感じれる程にはなっていません。

自分は積み立て投信で配当金分自動で投資されるので、

口数が増えていく分、なしではないのかな?という感想です。

 

まとめ

投資信託は中長期運営をみるものなので、5年くらいは見守らないと本当の成果はでないと思うので、もう少し、状況を見守りたいと思います。

また、投資できる金額が増えたら、次は国債、アメリカ株に投資したいと思いっています。

 

 

 

モノポリーNEW

モノポリーNEW